2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

只今の...




  • -天気予報コム-

アルバム

最近のトラックバック

勝手に応援中!!

  • 悪魔城ドラキュラ
    悪魔城ドラキュラ
  • History of Rio
    History of Rio

_



  • ブログパーツ



  • 暇人用クイズ(サーバ激重)

CM

おすすめゲーム


  • P3P
    Persona3 Portable

 

  • edita.jp【エディタ】

2015.11.07

復活のF

こ、これは・・・

うぬぬ(^_^;

正直、劇場で観ないで良かったな・・・と思った。


以前より友人がドラゴンボールのパズル+カードゲーム?みたいなやつをスマホでやっていて、チラッと見せてもらったのが、
青いオーラを纏ったサイヤ人」
だった。

ついでにちょっとしたネタバレを教えてもらい、それが、
「スーパーサイヤ人ゴッドのパワーを持った、スーパーサイヤ人」
という、「はぁ?」なキャラクター設定。

ややこしい。

つまり、

「スーパーサイヤ人ゴッドの戦闘能力域に到達した、普段の形態の(2とか3などではない)スーパーサイヤ人」

ってことらしいのだが・・・

これ、ガキんちょは理解できないよ、きっと(^_^;


で、それを思い出しつつ、レンタル開始したので早速観たんですがね・・・
なんていうか、期待しすぎた感がハンパなかった。


以下ネタバレ含みますが、


1、
上映時間の半分以上を"F以外のネタ"に使っている


Fがどのように復活して地球にやって来たのか、という大事な前フリなんだけど、無駄に雑兵を殺したりけしかけたりと相変わらずなF様。

Z戦士のシーンもあれじゃ要らない。
活躍してないじゃん。


2、
Fすげぇ!!と思いきや、結局隠していた力の差歴然


最初から変身3段階目は良かったんだけど、それでもやっぱり真の力を隠したまま、ある程度闘うっていうアレ・・・

ゴクウが真の力を出すために「ハァァァッ!!」ってやってるうちに、以前のFならZ戦士フルボッコにしてたと思うのだが、ちゃんと待っていたことにも違和感あり。

そして、こんなに格闘センスでキレてるヤツが、
「えっ?そんな理由で力の差歴然なの?」
って衝撃もなんだかなぁ。


3、
ドラゴンボールより反則的とも思える、時間遡行(やりなおし)


「F氏、逆転やりおった!」
と思ったのだが、これはさすがにセコくないか?(^_^;


4、
そもそも次元の違う凶キャラ登場済のあとにFが出てきてもなぁ


やはりビルスやウイスには見劣る。
どんなに強くても、この2人に比べたら全てが霞んでしまう。


こんな感じ(^_^;


キャラクターが多くなるとそれぞれにファンが分散してるから、どこを優先したらいいのか見えなくなる傾向があると思う。

ワンピースとかもキャラ多いし、そういうことあるんじゃないかなぁ?
σ(・_・)全くストーリー知らんけど。

2013.08.20

R2

コードギアスR2も一気に観終わってしまった。

なんというあっという間の出来事。
どんどんのめり込んでしまっていた。
まさかこんなことになろうとは。

生放送時の1週間ずつ観なきゃならない立場だったら、"もやもや"感がハンパなかっただろう。
今でホントに良かった。

レンタル万歳(笑)


第1期(無印)の時点では、ジェレミアの存在が最後まで「?」で、正直なところ、
「こいつ要らないじゃん」
と思ったこともあったが、彼が躍動するのはまぎれもなく第2期で、
「めっちゃ重要人物じゃん!!」
となる(^_^;

第1期の最後も、実に中途半端な終わり方をする。
スザクとゼロ(ルルーシュ)が対峙して、お互い銃を抜いたところで、ハイ終了。
「あん? 何も解決してないのに、これで終わり?」

それからどうしたんだと詮索する間も無く、第2期スタート。
「ロロって、誰?」
「へ? 弟!?」
「何これ?パラレルストーリー?」
って感じでした(笑)

まぁ実際はシャルルに記憶を封印されていたワケなんですが。

アニメのタイトル"コードギアス"の意味みたいなものが分かるのは"R2"のほうだね。
より一層ギアスについて描かれている。

戦いは続くんだけど、その裏ではギアスを巡ってどんどん新たな方向へ話が展開してしまう。

目が離せませんって!!


自身、久々にアニメで興奮した2週間でした♪




それはそうと、
確かにオススメのアニメではあるんだけど、本当に自分から観る気にならないとソッコーで飽きる可能性がある。

ありえない集団催眠術と、チェスがちょっとうまいだけの単なる一学生の戦術が、いとも容易くリアルで通用してしまうような戦い。
そして、これでもかという窮地に立たされておきながら絶対に死なないし、その正体がバレない、超超強運の持ち主が主人公。

「ぜってーありえないだろー」

ってのが多分普通な感想でしょう(^_^;

2013.08.14

ギアス

というわけで、日・月・火と3日間でコードギアス(第一期)を観た。
スロの液晶演出を断片的に覚えていたけど前後が分からなかったので、全話一気に観て非常に楽しめた。

スロは"ブラック・リベリオン"だから、第一期のほうを使ったのね♪

アニメ観てから改めてスロ打つと、会話ウインドウひとつでも
「あーあのときのセリフだ」
と、思い出せて楽しい。

AR中に流れる「解読不能」はOPだったんね。
正直なところあまり好きになれない曲だったので、いつも別の曲に替えていたけど、ちょっとは聞いてあげてもいいかなと思えるようになった。
↑決して上から目線ではないです(^_^;

通常時のBBで流れるFLOWの曲は、10話辺りでその「解読不能」という曲に変わる。
スロ打ってるとFLOWの曲ばかり聴くから、これがメインテーマと思いきや、アニメだと序盤に流れなくなって意外だった。。。

きっとアニメから観た人は何とも思わないのでしょうが、こんなことすらちょっと楽しめるんですよね。

折角だからあえて言わせてもらうと、ゼロの声については実は今でもとっつけません。

なんでこの図太い声がルルーシュというあの細身キャラから発せられるんだと(^_^;
ゼロの仮面付けてるときなら分かるんだけどね。

「観るなら絶対オススメできるアニメランキング」の上位に存在していた、この「コードギアス 反逆のルルーシュ」を、なぜ今まで観ていなかったのかという理由でもあったのです。

「そんなことで?」
と思う人も居るかもしれないけど、
「そんなことで」
です。


スロ打って、ルルーシュの押し順ナビ聴いて心底萎えた事実と、
スロ打って、ユフィやシャーリーのエピソードBB観てアニメが観たくなった事実。

非常に矛盾してる(^_^;

だが、そういう風に感じていた自分が一気に観終わってしまったという、これもまた事実。

観ながら次回はどうなるのかとワクワクしてた、と思う。

魅力的なキャラも多いし、ブリタニア、黒の騎士団(主にゼロが)お互いに汚い。
いや、こういう事態ならこういうものだとは思うが、非常に素直に汚さが描かれているし、そうするしかないお互いの揺がない信念もあって。


でもやっぱりこういう戦争・紛争アニメって、架橋に入ると双方の重要人物が堰を切ったようにばったばったと死んでいくんですよね。
ガンダムとかもそうだけど。

詰め込み過ぎでぎゅうぎゅうで、きついの。。。

2011.05.10

けいおん!

「けいおん!」の本編(第一期・第二期)と2週間使って観た。

終わってしまったら、
「うん、良かったなー」
って感じ。

個人的には第二期の後半、このアニメが卒業に向かってどのように締めくくられるのか内心ソワソワした。
だって全然そういう雰囲気じゃないんだもん、このアニメ(笑)

知らない人のために一応書いておきますが、軽音部は5人しか居ないのね。
しかも梓(2年生)を残して4人が一気に卒業しちゃうという。。。
ある意味、非常にピンチだよねぇ。

「卒業」というキーワード自体が自分はかなり好きなので、アニメ・ドラマを問わず手に取ることが多い(なんとなく多くなっちゃう)んだけど、けいおん!の場合はこの終わり方で可もなく不可もなく、いわゆる"アリっちゃアリ"ですネ。

なんか軽い感じで書いてるように捉われそうだけど、最終話はちょっとウルウルきてました。
軽音部4人が梓のために唄をプレゼントするシーン。

卒業式!

自分も一応部活には入ってましたが、卒業であっさりさよーなら的な感じで、"先輩から後輩へ"みたいな体験したことないんで、なんかいつになってもそういうものに憧れるというか羨ましく思えるというか。。。

30過ぎてるヤロウの言うセリフじゃないね。
いつまであの頃に耽っているんだってなぁーおぃ(笑)


さて。

何で「けいおん!」が人気あるのかなーって思っていたけど、全部観てなんとなく分かったような気がする。

深く考えず思った通りに行動してみよう。
失敗したっていいじゃないか。
ひとりじゃないよ、みんながいるよ。

そして、

若いっていうことは、それだけで何物にも勝る。
これだ!!

「けいおん!」は、元気をもらえるアニメだった。

梓の涙は。。。 



最後にひとつ、気になることが。。。

卒業した4人もそうだけど、梓はこれからどうなるのかなぁ?

2008.07.03

Slayers Revolution

Slayers Revolution

久々だね、 スレイヤーズ!!

この時期に、まさか夜中にやるとは。
アニメは今そんなに流行ってないのかもしれないな。
それくらい人気アニメだったからね、これ。

第一次アニメブームが宇宙戦艦ヤマトの辺り。
第二次アニメブームが機動戦士Zガンダムの辺り。
第三次アニメブームがエヴァンゲリオンの辺りとされているそうだが、スレイヤーズはこの第三次に含まれるだろう。 自分がアニメに一番ハマったのも中学~高校時代で丁度この頃、どっぷり第三次世代。

当時はエヴァを筆頭に、見応えのあるアニメが多かった。リアルタイムで''爆れつ''や''エヴァ''を観れていたことが、 ちょっとだけ自慢だな(笑)
有名どころでセーラームーンとかあったけど、 アニメ全然知らなくても名前くらいなら知ってるガキんちょがいるくらいだから(うちの姪がそう)、 第三次アニメブームってそれはそれは凄いものだった。

さて、話は戻りスレイヤーズだけど。
相変わらずの、はちゃめちゃっぷり健在(笑)
メインキャラクターに加え、このあとの物語に深く関わってきそうな要注意人物2人?
その名もワイザーポコタ

ワイザーはNEXTのマルチナを思い出す感じだな。でも、大御所の大塚さんが声を当てていらっしゃるんだよね、気になる。
ポコタはゼロスやフィリアのように脇役なんだろうけど、第1話を観る限りでは主要キャラに近い脇役な存在っぽい。 いきなりドラグスレイヴ唱えてるし(^_^;
今回はリナじゃなくて違うキャラが唱えたっていうのは面白い趣向だ。

それにしても絵のタッチがちょっと変わった?
リナの顔がまるっこくなった気がするが......
ガウリィもなんとなく頭身を変えたような......
クリアなアニメになったからそう感じるのだろうか。

まぁなににせよ、第2話以降が楽しみだ♪
録画必至デス!!

ウィキペディア(スレイヤーズ全般の項)
テレビ東京あにてれ(スレイヤーズR)
スターチャイルド(スレイヤーズR)

2005.12.30

涼風、アレで終わらないで

涼風。
録画した最終回を観た。

アレで終わり?
やっと大和の想いが通じたと思ったら、あれが最終回ですか。
全然、解決してないじゃん。

これは原作を読んでいるかどうかで意見が変わってくると思うけど、知らない人のために言うと、実はまだ先があるわけで......というか、 原作はまだ続いてていつまで続くか未定チックでもあるわけで。
だから原作読んでるヤツにとっては、アニメがあんな形で終わってしまっていいもんだろうかという疑問があるんですな。
そもそもアニメの途中からメインな話題となった「大和の陸上タイムの伸び悩み」の件はどうなったんだ? これって涼風と両想いになれたから終わりってことじゃないでしょう?
あと、アニメでは萌果が立場的に非常に可哀相だった。それで浮かばれぬまま放送終了になっちゃうし。このあと彼女は「モデルになる」 って一大決心をするんだよね...

惜しい、惜しいよ、ほんと。大事なところが削り取られてて。まぁここは放送局の色々な理由で影響してるんだとは思うけど、 2クール(約6ヶ月)アニメって盛り上がり途中で終わるからオレは好かないな。
やっぱりアニメは4クール(12ヶ月)放送だなぁと。
涼風も4クールならもっと突っ込んだところまでいけたんじゃないかなぁ。 とは言っても原作がまだアニメで終了した話辺りから毛の生えた程度までしか行ってないんだけどさ。
アニメが原作に追いついちゃったもんね......(^_^;
だから録画したやつを通しで観ると作画がヤバイやつとかあった。「誰? このキャラ?」って感じの。 「こりゃ作画人数が集まらなくてスタッフがいっぱいいっぱいなのかなぁ」と思ったりしながら見たもんだ。

希望としては、 涼風の原作が終わりに近づいて一通りの目処がたったところで後期(2nd)などとして今一度復活して欲しいっていう思いがある。 投書とかで変わらないのかな......
それで今度は原作に忠実な最終回をお願いしたい。

余談で「逮捕しちゃうぞ」というアニメがあったが、あれも当初は2クールで終わる予定だったのが、 あまりの反響から続けて2クール増やしてキャラを加えたりオリジナルな構成で放送した。んでさらに「2nd Season」 として2クール放送したんだよね。
逮捕と違って深夜枠の涼風がどれだけの視聴率だったかは知らないけど、もしそうなれば嬉しいな~

最後に、
「涼風」は久々に''観れる''アニメだった。

涼風オフィシャルサイト

2005.12.13

ジブリ最新作


かつて人と竜はひとつだった

人は大地と海をえらび、

竜は風と火をえらんだ。

スタジオジブリ最新作は「ゲド戦記」だって。宮崎吾朗監督とジブリベテランスタッフによる、劇場版長編アニメーション。
副題に''TALES from EARTHSEA''とある。ちょっと今までと違ったファンタジーになりそうな、 そんな予感がしないでもない。
冗談でもNAMCOのテイルズシリーズ一族ではないぞ(笑)
上のメッセージ、公式ページに書いてあるのだが、まるで四属性の話だな。大地=地、海=水として、あとは風、火だから。
聖剣伝説っぽくなったりして......?

スタジオジブリの作品は全部、世の中を風刺している節がある。今回はどのようにそれを表現してくるのか、今から興味がある。

http://www.ghibli.jp/

2005.10.16

放送局拡大

以下の局でAngel Heart の放送開始が決定したそうだ。
札幌テレビ放送 10/17(月)~
山形放送 10/7(金)~
福岡放送 10/16(日)~
西日本放送 10/17(月)~
鹿児島読売テレビ 10/21(金)~

北条ファン、シティーハンターファンには嬉しい報告だねぇ。
この気持ちは分かる気がするっす。
テレビじゃなくてラジオなんだけど、関西方面でで人気のラジオ番組が関東方面でも放送開始とかあったんだけど、それまではいわゆる 「雑音リスナー」をやってたから本当に嬉しかった。いまだに聴いてたりするんだけど。

2005.10.05

Angel Heart

生放送で観つつビデオに撮ったりした。
コミックは一切読んだことがないのでまだなんとも言えないんだけど、絵がとっつき悪い気がした。 最近のアニメってば昔と違って絵が凄く綺麗な感じで色艶はっきりしているのだが、 前作シティーハンター時のときのイメージが強いオレは違和感ありまくりだった。 それに加えて絵が微妙に違うんだよね...冴羽獠の髪型や顔つき、野上冴子のまゆげの太さとか(笑)
まぁでも、そこを考えずに観るとシティーハンターっぽいなぁと思ったりもした、ノリが。 獠がプールでナンパしているシーンがいきなり出てきたから笑えた。 とはいってもシティーハンターのように少年誌ギリギリの表現方法が出てこないので「今のアニメ」になってしまっているんだよね、 悲しいかな...。
シティーハンターからどれくらいの時間が経っているんだろう。アニメ中に回想シーンが出てきたけど1年くらい(?)しか経ってないとしたら、 シリアスな顔の獠もこれから観れるのかなぁ?