2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

只今の...




  • -天気予報コム-

アルバム

最近のトラックバック

勝手に応援中!!

  • 悪魔城ドラキュラ
    悪魔城ドラキュラ
  • History of Rio
    History of Rio

_



  • ブログパーツ



  • 暇人用クイズ(サーバ激重)

CM

おすすめゲーム


  • P3P
    Persona3 Portable

 

  • edita.jp【エディタ】

« 箱根駅伝、往路 | トップページ | 一安心、だが。。。 »

2008.01.03

箱根駅伝、波乱の復路

第84回箱根駅伝ロゴ

第84回箱根駅伝、復路。
まさかこのようなことになろうとは、誰が予想しただろうか。

歓喜に奮え抱き合う者がいるその横で、
がっくりと肩を落とす者がいた。

駅伝の神がいるのならば、何故このような試練を彼らに与えるのかと問いたい。

順大、大東大、東海大。
きっと今年は、忘れられない年になったことだろう。

大東大、9区で襷途切れる

順大は、往路芦ノ湖ゴール手前500mというところで。
大東大は、9区鶴見中継所手前500mというところで。

東海大学、まさかの最終区途中棄権!!

そして、
東海大は、最終10区大手町ゴールの目と鼻の先で。

崩れた。

ゴール手前という特別な地点で起こった悲劇。
中継が切り替わった瞬間、車から降りる運営関係者の姿。

一瞬の静寂。

息を呑んだ。

アナウンサーも動転し、声を裏返らせながらリポートしていた。

東海大の異変については駒大がゴールしたのとほぼ同時に飛び込んできたため、まさに青天の霹靂。天と地がひっくり返ったような衝撃だった。
TVはそれまで異変を一切伝えていなかった。
突然のことだったのだ。
その頃丁度駒大の逆転ゴールに大手町は盛り上がって、その様子が伝えられていた。

不意に画面が切り替わり、東海大のアンカー荒川選手が車に乗り込むシーンが。

荒川選手、無念。
学生生活最後の4年で.........

しかし、この先輩の無念を背負い、力に変えて、来年は後輩たちが駒大、早稲田大と競り合って欲しい。それができるチームだと確信している。


駒大の逆転は大八木監督の采配通りとはいえ、各選手それぞれがブレーキせず期待通り走りきった証であり、実に見事なもの。
実のところ自分はあまり応援していなかったが、そんなオレを「よくやった、駒大」と言わせる、 感じさせるレースをしてくれた選手に乾杯!!

駒澤大学、優勝っ!!

早稲田大。最後は逆転負けという結果に終わってしまったが、今回見せたレース内容は「王者早稲田、ここにあり!!」 と高らかに言えるくらいのものだった。
そしてゴール後の皆の笑顔と涙が素晴らしかった。
嬉し涙だったのか、悔し涙だったのか、それはレースをした本人しか分からないが、そういう思いを糧に、次回の箱根に向けてひた走って欲しい。

中央学院、お見事台風の目!!
学連選抜、今年は大飛躍の年。各選手おめでとう。あなたたちによって次回の出場校枠が1つ増えたっ!!

そして、東海大の佐藤選手、3年連続区間新記録、おめでとう。
チームは負けて喜びもないかもしれないけど、あなたのあの走りで、東海大の皆がさらに奮い立ったことは事実だと思うよ。
最後の箱根も、行け!!佐藤!!



今年の正月はこうして終わった。
色々と感慨深いものがあった。
こんな気持ちで明日から仕事始めとは。
はぁぁ..........

« 箱根駅伝、往路 | トップページ | 一安心、だが。。。 »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70180/17565697

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根駅伝、波乱の復路:

» 正月恒例箱根駅伝(復路総合編) [時評親爺]
う~む、復路の箱根駅伝は9区でそれまで首位の早稲田大学が2位の駒沢大学にかわされた。この区間での注目は優勝争い同様に、シード権争いの10位前後も面白い。8位の帝京大学に30秒ほど遅れて9位の中央大学、さらに20秒ほど遅れて日大と東洋大が10位で並走という状況だ。中央大学は往路の5区が大ブレーキ(2位→10位)になったのが痛い。相変わらず学連選抜は4位と検討している(参考:読売新聞「箱根駅伝特集ページ」)。ちなみにこの記事はテレビ中継を見ながらリアルタイムで書いているので、区間毎の結果とは多少の変動が... [続きを読む]

» 箱根駅伝観戦(往路)と帝京 [O塚政晴と愉快な仲間達]
また例年のごとく行ってしまった第一京浜(箱根駅伝の沿道)。 今回で5年連続のようです。 寒い中、ガリガリ君たちの走りを生で観て、何が楽しいのかさっぱりわからない。 しかも読売と報知の旗振っても、選手には何も伝わらないのに・・・。 で、往路の都内なんて、ダンゴ状態で一瞬で通り過ぎていく。 それを観る為、コース上に身を乗り出して次々と出てくる観衆たち(死ね)。 テレビで観ようよテレビで。 どうやら早稲田が往路を制したようです。 というわけで、明日も復路の沿... [続きを読む]

» 強い駒澤復活!箱根駅伝復路・感想 [いすみマリーンズ アネックス]
というわけで、駒澤大学・大八木弘明監督の預言が的中するか否か? 早大の後を付かず離れずといったぐあいで、 東海大が切り札・佐藤悠基を7区に放ったが、2強を追い付けず、 逆に8区に放った深津卓也が区間新というべき最高の走りで、 戸塚中継所でバトンタッチして....... [続きを読む]

» 第84回箱根駅伝 [ブルー・カフェ]
※箱根の関所跡 {/arrow_r/}箱根全山のHPで富士山の「ナイスビュー」写真を見ることが出来ますが、今日の富士山は雪化粧で綺麗でしたね。 でも箱根は寒いよ・・・「箱根に永住したい」という野望を持ちつつも、ワタシは11月に行って風邪をひきました。3月の末に行ってガタガタ震えていました・・・箱根に住みたいけど「冬季」は「冬眠」していないと無理そうですね。 【あのコースは地元です】 さて、新春恒例の「箱根駅伝」ですが・・・昨日は「大手町」を出発し箱根の芦ノ湖を目指すという「往路」。今日は「芦ノ湖... [続きを読む]

» 箱根駅伝・復路。見直しの時期。 [コヤマリンスタジアムまで徒歩15分]
 昨日に引き続き、箱根駅伝について。 まずは総合順位からどうぞ。 <第84回箱根駅伝総合順位> 1位 駒沢大   11時間05分00秒{/choki/}  2位 早稲田大   11時間07分29秒 3位 中央学院大   11時間11分05秒 4位 関東学連選抜   11時間12分25秒 5位 亜細亜大   11時間14分10秒 6位 山梨学院大   11時間15分 7位 中央大   11時間16分32秒 8位 帝京大   11時間16分48秒 9位 日本大   11時間16分52秒 10位 東洋... [続きを読む]

» 箱根駅伝2008 駒澤大学が王座奪回! [日刊魔胃蹴]
第84回東京箱根間往復大学駅伝競走は今日が運命の復路! 昨日の往路は、1区で城西大学が首位、2区は山梨学院大学・モグスが区間新記録、東海大学・伊達秀晃、日本大学・ダニエルのごぼう抜きショー、3区は早稲田大学・竹澤健介が区間賞、そして5区では首位をひた走っていた山梨学院を早稲田・駒野亮太と駒大・安西が捉え、2人の一騎打ちから駒野が抜け出してトップでゴール。早稲田大学が12年ぶりの往路優勝を達成しました。2位には1分14秒差で駒大、3位に山梨学院が入りました。駒澤の最大のライバル・東海大は約5分遅れ... [続きを読む]

» 箱根駅伝 駒大 総合優勝 [王様の耳はロバの耳]
駒大が3年ぶり6度目V、学連選抜4位…箱根駅伝(読売新聞) - goo ニュース 今朝も寒さは厳しかった(2℃)ですが、風の無い穏やかな1日の始まりでした。 {/kaeru_fine/} 昨日は早稲田の往路優勝、2位駒大でしたから、母校の総合優勝を願いtvをつけました。 残念ながら早稲田は箱根下りこそ2位駒大との差を3分と広げましたが、後は駒沢大学にじりじりと差を詰められ、渡辺監督の簡単には終わらせないとの意地を具体的に示すことなく2位に甘んじてしまいました。 {/hiyoko_cloud/} シ... [続きを読む]

» 名門復活!!その一方で襷が途絶えた大学も・・・ 【陸 上 箱根駅伝復路】 [不定期更新のスポーツニュース]
第84回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の復路が3日行われ、往路で2位だった駒澤大学が9区で逆転し3年ぶり6度目総合優勝を果たした。2位には前日の往路でトップだった早稲田大学、3位には中央学院大学が入った。また、関東学連選抜が4位に入る健闘を見..... [続きを読む]

» 波乱の箱根駅伝!駒大が3年ぶりの総合優勝 [KINTYRE’SDIARY]
史上初の3校が棄権!箱根駅伝は往路2位の駒大が復路を5時間30分38秒で制し、合計11時間5分0秒で3年ぶり6度目の総合優勝を果たした。駒大は区間賞獲得は8区深津だけだったが、選手個々のレベルが高く往路優勝の早大を9区で抜き去りそのままリードを保ち総合...... [続きを読む]

« 箱根駅伝、往路 | トップページ | 一安心、だが。。。 »